閉じる
  1. クロージングの心理技術21
  2. 80対20のセールスシステム
  3. 顧客心理を動かす11のプレゼン技術
  4. 億万長者の不況に強いセールス戦略
閉じる
閉じる
  1. 投資信託の営業トーク
  2. 営業トークのトレーニング
  3. 営業トークで注意したいオウム返し
  4. アパレルの営業トーク
  5. 億万長者の不況に強いセールス戦略
  6. 顧客心理を動かす11のプレゼン技術
  7. 営業トーク集
  8. 軽自動車の営業トーク
  9. クロージングの心理技術21
  10. 80対20のセールスシステム
閉じる

自己啓発のための7つの習慣

もう普通の会社員に戻って・・・

営業トークで注意したいオウム返し

営業トークを行っていく上で、もしもお客様の反応が薄いときは非常に気になってくるものですよね。
ところが反応が薄い場合であっても、意外とお客様が営業トークを聞いてくださっている場合が多いので、あまり心配しなくてもいいかもしれません。
しかしながらお客様が営業トークに対して、機械的にオウム返しをしている場合は、暗に断っている場合が多いのです。
お客様が営業トークにオウム返しを行っている場合、熱心に聞いてくださっていると勘違いしやすいものです。
しかしお客様の本音はといえば、営業トークにうんざりしているからこそ、オウム返しをしているともいえるのです。
そこでもしも聞いてくださっているお客様が営業トークに対してオウム返しをしているのであれば、切り口を変えるしかありません。
やはり会話になっていないということは、お客様が拒否を暗に示しているわけですから、気をつけなければならないのが営業トークです。

営業トークをしていて。お客様と会話のキャッチボールができるようであるならば、その売りたいものが売れるかもしれません。
しかしお客様が営業トークに対して、オウム返しを繰り返している場合であったならば、おそらくは売れないことでしょう。
ですからお客様が営業トークから売りたがっているものに興味を示していないことを伝えてくれるのがオウム返しです。
そこでお客様に営業トークを聞いていただくためには、オウム返しが始まったのであるなら、他の面で素晴らしいところを伝えたほうがいいでしょう。
こういうこともありますから、オウム返しが始まったのであれば、営業トークの方法を切り替えなければなりません。
営業トークが単調になっている場合に、お客様はオウム返しを始めるようですから、注意が必要です。
お客様がオウム返しをせずに、積極的にその売りたいものへの質問をしてくださるように展開することも重要なのが営業トークです。

営業トークは滑らかに行っていくことが良いとされていますが、お客様の反応がオウム返しでは失敗です。
そこでオウム返しをお客様にされないように営業トークを行うためには、売りたいものへの興味を起こさせなければなりません。
確実に自分の売りたいものを魅力的なものだということをお客様に伝えられるような営業トークであったなら、オウム返しにはならないでしょう。
こうしたことからもただマニュアル通りの営業トークではお客様がオウム返しで応えるようになってしまうのです。
そういうことからも普段からオウム返しをされないために、どのように話していったらいいのかを考えるべきなのが営業トークです。
営業トークとオウム返しの関係を調べてみましょう。

関連記事

  1. 営業トークのトレーニング

  2. アパレルの営業トーク

  3. 保険の営業トーク

  4. 営業トークとは

  5. 軽自動車の営業トーク

  6. 営業トーク集

おすすめ記事

  1. 億万長者の不況に強いセールス戦略
  2. 顧客心理を動かす11のプレゼン技術
  3. クロージングの心理技術21
  4. 80対20のセールスシステム
ページ上部へ戻る