サプリメントは成分から判断するのがいいと言われていますが、成分表示の確認で気をつけたいことはどのような点でしょうか。前提となる知識を持っていなければ、サプリメントの成分についてはわかりません。JAS法に基づいて表示がされているケースと、健康増進法に基づいて表示されている場合があります。JAS法の場合には、サプリメントのケースや包装に一括して書かなければなりません。サプリメントの名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、製造業者の名前や住所などを記載しなければならないことになっています。書き漏らしなく、全項目が印刷されているかをチェックしましょう。健康増進法では、カロリーとたんぱく質の量を書いた上で、脂質、炭水化物、ナトリウムがどれだけ含まれているかを記載する必要があります。栄養成分を順番に従って書くようにという決まりにもなっています。サプリメントの成分表示を見るときは、製造場所がきちんと記載されているかどうかをチェックしましょう。ロット番号が分かるかどうか、原材料には何が使われているのかも調べておきましょう。とくに海外のサプリメントの場合には、日本では認可されていない成分が入っていることがあるので要注意です。サプリメントを選択する時には、成分表示欄を見ると様々なことがわかるでしょう。