レゴは家族経営の会社だったのですが後々、世界中で人気のあるブロックのおもちゃ会社として急成長をとげました。
レゴの種類はテーマごとに分けられて箱に入って販売されているものとバケツに入って販売されているものがあります。
レゴのブロックは何歳になっても遊べるようにいろいろと工夫されているのですが、ベビー用のものだけはブロックの角が丸いので他のものと組み合わせが出来ません。
レゴのシリーズで新しいものとしてクワトロというシリーズが発売されましたが今までのものとちょっと違います。
レゴの中に一緒に入っている人形がありますが、その名前をミニフィグという名前で、全長は大体4センチです。
レゴをインターネットで購入しようと思って探している人は、いろいろ比較して割引率が高いところで購入するのがいいかもしれません。
レゴのカタログには、ほとんどの場合セットの名称が記載されていますが本体の箱には名称は記載されずに数字が記載されています。
レゴのブロックの色は年齢別、シリーズ別によって違わないので、基本の四色は白、赤、黄、青になっています。
レゴの値段は大体量が多いものが高くなっているのですがバケツは基本セットで比較的プレゼントしやすい価格です。
レゴのカタログは、毎年、その年度ごとに新しいシリーズやセットが発売されると新商品を掲載したカタログが出ます。
レゴは1999年にスターウオーズやディズニーなどのライセンスの必要な商品のシリーズの販売を開始しました。
レゴ教室で使われている教材というのは普通のショップでは購入することが出来ず、入会した人だけが購入することが出来ます。