リボ払いはクレジットカードの支払方法のひとつで、非常に気軽に欲しいものを手に出来る反面、使う上での注意も必要です。
リボ払いというのは、毎月の支払額をあらかじめ決めておく支払方法で、買い物をした金額にかかわらず月々の支払額は変わりがありません。
リボ払いの手数料計算方式は、大きく分けて残高スライド定額方式と残高スライド定率方式があります。
リボ払いの場合、毎月の利用残高に対して金利が発生し、残高に組み込まれていく計算方法をとるため、支払いが長引く傾向にあります。
フレックス型のリボ払い専用カードを使うと、一定以上の金額なら一部でも全額でもご自身で毎月の支払い額を決められます。
もちろんリボ払いはショッピングだけではなく、キャッシングでも利用可能です。
必要な時にATMで引き出しをして毎月無理なく返済が可能です。
リボ払いを利用する際には、一度支払い金額のシュミレーションをしてみると良いでしょう。
インターネットを利用すると金額を入力するだけで金利と支払い回数が計算可能です。
通常の分割払いよりも金利手数料が多くかかるイメージのリボ払いですが、シミュレーションをしてみると支払い回数によってリボ払いの方がお得なこともあるようです。
さて、リボ払いがくせになってしまうと、いつでも限度額ぎりぎりまでの買い物をして気が付かないうちに借金地獄なんていうことにもなり得ますので注意してください。
クレジットカード会社の方でもリボ払いのマイナスイメージを払拭するために、支払い期間に上限を設けるなどの対策を進めています。
リボ払いでの支払いが嫌になったというのなら、一括払いに変更することも可能です。
カード会社に連絡をすると手続き方法を教えてくれます。
リボ払い専用カードの特典は利用しながら、支払いを一括払いにしたいというのなら、月々の返済額を最大にしておくという裏技もあります。