リフォームすれば我が家ももうちょっと住みやすくなるだろうな。
家族のためにリフォームが必要かな・・・。
考えたことないですか?
リフォームと言っても、そもそも家は安い買い物ではありません、あなたのマイホームもまだローンは残っているかと思います。
一生に一度の買い物と言ってもいいものです。
住宅ローンを安く組んで手に入れたお気に入りのマイホーム、マイマンション、思い入れもひとしおですし、ずっと住みたい我が家です。
リフォームは持ち家に住んでいる以上、住宅ローンの残高に関係なくいつかは考えなければならない問題です。
家はいつまでも新築ではありません。
マイホームを建てたときには小さかった子供も大きくなって手狭に感じたり、健康だった両親も階段を上るのにふうふう言い出したり。
家族の問題も出てきます。
あなたの大事なマイホームはもともと、家族とあなたのために建てた家です。
リフォームによる新築同様の姿は望まないにしても、暮らしやすさや、家族の変化に合わせたリフォームはどうしても必要になります。
例えリフォームローンを組んででも。
リフォームローンで支払うことにしないと、利子がもったいないからと言ってキャッシュで払える金額ではないですよね。
テレビCMでは住宅会社がリフォームの宣伝盛んにしていますが、気軽に取り組める値段ではないですよね。
数百万円から数千万円のリフォーム費用、残念ながら利率の良い住宅ローンプランは適用できません。
住宅金融支援機構などの公的機関が出資する住宅ローンではフラット35などの非常に利子の低い住宅ローンがありますが、これはリフォームには対象外です。
ですが、政策誘導型リフォームなどのいくつかの条件に合致すればリフォーム融資を受けることが可能です。
と言ってもいろいろと住宅金融支援機構さんの求めてくる条件は厳しいので・・(;^_^;、民間のリフォームローンも比較して考えておきましょうね。
リフォーム工事を発注する前にいくつかのリフォームローンを比較して、もっとも有利な条件で大事なマイホームのリフォーム、計画しましょう。