美容整形の最近の人気の手術として、ボトックス注射があります。
ご存知ですか?
ボトックスという言葉は知っていてもその正体はみなさんご存じないと思います。
ボトックスとはボツリヌス菌の作り出したA型ボツリヌス毒素注射の商品名のことです。
A型ボツリヌス毒素というよりはボトックスのほうがなんだかわからないけど怖くないから、商品名が代名詞になったんですね。
ボトックスの作用は神経麻痺です。
注射した付近の神経が反応しにくくなるのです。
顔のしわは表情筋の動きで形成されますが、表情筋の動きを支配する末梢神経の能力をボトックス注射で麻痺させて皮膚を動きにくくすることでしわが出にくくするのです。
ボトックス注射はスパスムといって、病気で顔の筋肉が痙攣し続ける人の痙攣をとめる治療のために神経作動薬剤として開発されました。
ボトックスで、まぶたがず~っとぴくぴくするスパスムなどの治療した女性の顔からしわがなくなることに患者や医師が気づき、美容応用も美容整形のドル箱として考えだされたのです。
バイアグラが心臓の治療薬の副作用で見つかったように(治験に参加したじいちゃんたちが手放さなかったそうです)、ボトックス治療も極めて効果的な若返り療法でした。
ボトックス注射にはもちろん副作用はあります。
毒素で末梢神経が麻痺することで、頭痛や筋力低下などが起こります。
でも一番大事なことは、治療そのものです。
ボトックス注射では表情を作る筋肉の動きが鈍くなるので、不自然にならないような注射の打ち方が、医者の経験と技術が必要です。
ボトックスがしわ取り療法として安全で優れているのはこれまでのところまちがいありません。
美容クリニックはネットで検索できますから、経験豊富で、評判の良い美容外科を探して施療を受けることをお勧めします。