映画は好きだけど、途中でトイレに行けないしなんていう人もホームシアターセットがあれば大丈夫ですね。
ホームシアターというのは、名前の通り自宅に映画館を作ってしまうものですが、ホームシアターセットを設置すれば簡単に映画館の迫力を再現できてしまいます。
ホームシアターセットの内容は大きく3つに分けられます。
まず、映画の世界を目の前に広げる映像機器、画面の中に入り込んでいるような錯覚を与える音響機器、高品質な映像・音を提供する再生機器ですね。
映像機器をテレビとプロジェクターのどちらにするかは迷うところです。
単純に画面の大きさと予算を考えるとスクリーン+プロジェクターの方が安く上がりますが、リビングに設置する場合は薄型テレビの方が違和感が無いかもしれません。
そして映画館の臨場感を出すのは音響セットの役割ですが、大切なのは音量だけではなく、画像に合わせた場所から音を出すことです。
スピーカーの設置は床置き、棚置き、天井吊り、壁掛けなどがあります。
スピーカーは全部で5つ以上設置しますが、音のバランスを考えると、性能やスピーカーのサイズに大きな違いがあるものはお薦めできませんそれでは、ホームシアターセットを使用するのに気をつけなければいけないことを考えて見ましょう。
はじめにプロジェクターを使用する場合ですが、プロジェクターの位置はスクリーンの真正面に置くようにします。
また、スクリーンからの距離はプロジェクターの焦点距離によって決まるのでお部屋の大きさを考慮して選んでください。
そしてせっかくホームシアターを作ったら大音量で楽しみたいのはわかりますが、近所の迷惑を考えて時間帯は気にしましょう。
サラウンドヘッドフォンなら夜中でも楽しめます。
アンプやスピーカーがセットになった「ホームシアターセット」なら、価格も安く設定も簡単なので初心者にも最適です。
購入する機種が決まっているようならネット家電は安いので良いかもしれません。
ただオークションはちょっとリスクもあるので気をつけてください。
最近はゲームでも5.1ch対応のソフトが増えています。
サラウンドで迫力のあるゲームを楽しめるのもホームシアターセットならではですね。