ベリーダンスという言葉は、まだ日本では一般的ではありませんが、特に女性の間で密かに広まってきています。
ベリーダンスの正式名称は、「ラクス・シャルキ(東方の踊り)」という意味ですが、その名のとおり中近東のアラブ諸国に伝わる古い伝統舞踊です。
ベリーダンスが20~30歳代の女性に人気があるのも、自己表現をしながらエクササイズができるということからでしょう。
ベリーダンスを取り入れた振り付けで有名になったシャキーラなど、米国のポップシーンでもかかせないものになっているといえるでしょう。
シャキーラの踊るベリーダンスは、彼女自身のレバノンの血がそのスタイルに強い影響を与えているようですが、正式なものよりも女性らしさが前面に出ています。
ベリーダンスが日本に入ってきたのは、1980年代のころです。
インターネットで調べるとたくさんの教室が見つかります。
ベリーダンスの衣装は腰の動きを強調するヒップスカーフが代表的ですが、たくさんのコインやメタルビーズが付いている方が上等とされます。
ところで、ベリーダンスは美容に関心のある女性にも注目を浴びていますが、そのダイエット効果はどの程度あるものでしょうか?
ベリーダンスはエアロビクスのように激しい動きでカロリーを消費するものではありませんが、循環器系統のトレーニング効果があることから健康促進プログラムとしても採用されています。
また、ベリーダンスでは身体の柔軟性と強靱さを増強させ、胴体や「コア・マッスル(体幹)」を引き締めたり、脚の筋肉も鍛えられますのでそれによるダイエット効果は期待可能です。
ベリーダンスの教室に通うのなら、一度見学をして自分のレベルに合った教え方をしてくれる教室を選ぶことが大切になります。
ベリーダンスをまだじっくり見たことがないけど興味があるという方は、アマゾンなどでDVDを探してみましょう。
中には「ベリーダンスで美しいくびれ」なんていうDVDもあります。