「日本おリボン党」を立ち上げ、党首としてリボンの啓蒙活動をしている私ですが、本業は「美肌研究家」。お肌にハリのある若い女性であっても、これからの時期は「太陽(紫外線)にはなるべく当たらないでね」とアドバイスしています。

 ただ、必ずこのように言い添えるようにしています。「ちょっとは太陽に当たったほうがいいんだけどね」

 なぜなら、太陽に当たらないことは体によくないから。つまり、太陽を浴びる量が少なすぎると、体内のビタミンDが足りなくなって、骨が弱くなるんです。ただでさえ女性は男性よりも骨密度が低く、骨粗しょう症になりやすいのですから。

 骨がもろくなって困るのは、何もお年寄りだけではありません。美肌成分として、女性にはおなじみの存在、「コラーゲン」も関係しているのです。

 コラーゲンは、お肌だけに関係していると思われがちですが、実は骨の中でもしっかり働いているのです。カルシウムだけじゃなく、コラーゲンも骨にとって大事な存在。

 ビタミンDは紫外線を浴びることで体の中で作られますが、食品だと魚の脂肪や肝臓に含まれていて、カルシウムの吸収を助けてくれます。だから、「紫外線は徹底的に避けないほうがいい」というのが最新の考え方。なので、紫外線が強くなる季節であっても、積極的にゴルフや海へ繰り出します。ただし、浴びすぎると紫外線から肌を守ろうとして活性酸素が発生し、皮膚の細胞がダメージを受けてしまうので、顔や手足などの日焼け対策を万全にして。

 最後に、拙著『美人は薬指からつくられる』(アスコム)で発表して反響があった、紫外線の強くなる時季にためしていただきたい、とっておきの裏技美肌術をご紹介しましょう。

ポイントは

1)肌の出ている部分、顔や手足に日焼け止めをしっかり塗る

2)日焼け止めを塗っていない手のひらを、1日15~20分太陽にかざす

3)帰宅後の保湿ケアはしっかりと

 手のひらって、常に使うこともあってか、意外と角質層が厚くてじょうぶなんです。手のひらだったら、少しくらいの日焼けでは大きなダメージを受ける心配もありません。ぜひ、試してみてくださいね!

■白川みき(しらかわ・みき) 1962年生まれの53歳。名古屋市出身。20代からモデルとして活動、その後美肌研究家として活躍の場を広げ、美容についての情報をブログやWEB、雑誌などで発信している。JAMアンチエイジングアドバイザー資格を取得。見た目年齢が若くなる「愛され美肌」セミナーを開催し、20~60代の幅広い女性の支持を集めている。また、リボンやカメリアをモチーフにしたヘアアクセサリーブランドや、UVケアのためのアイテムなどをプロデュースしている。2013年4月には大人の「おリボン」ファッションを広めるため「日本おリボン党」を立ち上げ、党首を務める。初の著書となる「美人は薬指からつくられる」が好評発売中。公式ブログ(http://ameblo.jp/shirakawa-kai/)も要チェックだ。

 食べることが大好き!運動苦手。オススメのダイエット。「お粥」ダイエットです。お粥は禅の世界において「粥有十利」という言葉があるらしく、体にとても良いとされています。

 ダイエット食に頼るよりもリーズナブルで白米を食べるよりカロリーも低い。

 調理アレンジ自由自在で飽きのこないお粥。満腹感を満たしつつ身体も温めてくれますよ。冷え改善にも良いとされます。病気などの回復食としても食べられますよね。

 おかずはバランス良くを意識して頂けたら、通常食と同じ分食べられます。食事制限の苦痛の無いダイエットです。

 歯応えの欲しい方は、玄米などを混ぜた玄米粥も良いですね。

 お水を沢山と少量のお米で、炊飯器でも炊けますし、深夜の夜食として胃にも負担が少ないので重宝します。

 たっぷり水分を含んでいる為体に水分を届けてくれます。

 基本食べる事は毎日ですので、消化の為に大きな負担をかけてます。内蔵が疲れてると、肌荒れや、くすみ、吹き出物など身体に目に見えて現れて来ます。

 お粥は胃腸など内蔵負担が少なくて沢山の水分と一緒に栄養を取り込めるので、体内の老廃物を排出してくれます。とてもお肌の調子も良くなります。便秘気味の方は2週間から1ヶ月根菜、豆類なども一緒に取ると調子が良くなってくるのでは。

 お気に入りレシピは「炊飯器で炊ける中華粥」。お米1合、お水たっぷり、中華スープの素大さじ1程度、塩適量、乾燥ホタテを入れて炊きます。食べる時にお好きなトッピング(ザーサイ、ネギ、生姜など)とごま油をかけて食べるとほっこりしますよ~。クックパッドなどで、たくさんレシピ見れますのでお好きなアレンジお粥を作って楽しみながら、ダイエットして下さいね!

 温まりながら、ダイエットして冬を乗り切り春にはスッキリした体になれるかも。

■石川なお(いしかわ・なお) ヒーリングアロマセラピスト。東京の三軒茶屋と上野毛にプライベートサロン「You&me」(http://youandme-sancha.com/)の代表。恵比寿の有名サロンの右腕として活躍後、独立。メンタルセラピーやボディジュエリーの資格を持ち、芸能人、著名人をはじめ多くの顧客から絶大な信頼を得ている美人セラピスト。

 セルフメンテナンスはとっても大事です。セルフメンテナンスをする上で、ストレッチは欠かせません。

 ストレッチは身体のためだけと認識されやすいですが、実は脳のためでもあるのです。

 簡単な動作を繰り返し行うことによって脳が筋肉を使うタイミングを覚えてくれます。このプログラムを筋連携と言います。

 習慣付けることによって、脳のプログラムが更新されていきます。そうすると脳がここまで動かすのは通常のことと覚えて、身体が動きやすくなります。

 恥骨ウォーキング(骨格歩行)もぜひ習慣付けて行って下さい。わざわざ行うよりも日常に取り入れた方が、気持ちも楽ちんになります。

 そして日常に取り入れられるようになるには、それなりの基礎筋力が必要です。足裏・丹田周辺の筋肉を鍛えて、健康的な美しい身体に磨き上げましょう!

 このウォーキングは骨格を変えていきますので、もともと細い方もより美しいラインになっていきます。

 ぽっちゃりさんは糖質を極力控えてサイズダウンしつつ恥骨ウォーキングをすれば、美しい流線型ボディーに。

 ボディーラインを変えたいけど文字だけでは上手くできないという場合は、私までお問い合わせくださいませ。

 私自身もできるだけ長く現役ベリーダンサーを続けられるように、全ての歩行に取り入れています。

■中沢菜芳(なかざわ・なほ) ベリーダンサー。幼少時よりクラシックバレエに打ち込み、狭間裕子・祥子(牧阿佐美バレエ団)に師事し、17歳から講師も務める。その後、ダンスによる自己表現を求め、日舞やフラメンコなどさまざまなダンスを研究し、1999年モロッコ在住中にベリーダンスと出会う。2010年に「ベリーダンスワールドコンペテション」に日本代表として第4位入賞。日本テレビ系「シャルウィーダンス」、BSジャパン「ギルガメッシュLight」にベリーダンス教師としてレギュラーなど数々の番組出演も。2013年より美しいボディラインへ導くパーソナルトレーニング指導開始。ロータスダンスラボラトリー代表。公式ホームページ http://www.lotus-dance.com/ も要チェックだ。

 自分でできる簡単セルフケア「爪揉み」。爪の生え際根元を人差し指と親指でプッシュは各10回どこでも出来ますのでやってみましょう。とても簡単な動作ですね。

 ネイルサロンでも最後の仕上げにオイルをつけて軽くプッシュしてくれますね。ハンドマッサージは、安心感を与えます。

 健康的な爪が生えるのも促しますが、爪の生え際を押すことで副交感神経が優位に立ちますのでリラックスします。手先には多くのツボがありますのでとっても気軽な健康法です。薬指だけ交感神経に作用するらしいです。

 不眠症、自律神経失調症、手汗症、精神不安など、メンタルにも作用します。

 心臓から離れてる、末端部分の血管はとても細く血液の流れが滞りやすいですが、爪プッシュで、ポンプの役割が出来、血流迄良くなるので冷え性改善にも良さそうですね。

 お時間ある方は、ハンドトリートメントオイルも、簡単に自分で作れるのでいかがでしょうか?

 キャリアオイルとなるスイートアーモンドオイルや、私がオススメなのが乾燥対策にマッサージ用オリーブオイル!

 清潔な瓶に大匙1杯ほどに、エッセンシャルオイル1~2滴で、完成です。

 エッセンシャルオイルは、お好みですが、ゼラニウムやローズが人気ですね。作ったオイルは酸化しますので一ヶ月以内にご使用をオススメします。お好きな香りで気分もウットリ。

 簡単にできる爪揉みで、血液循環、自律神経調整、冷え改善、健康法是非日課にしてみて下さいね♪

■石川なお(いしかわ・なお) ヒーリングアロマセラピスト。東京の三軒茶屋と上野毛にプライベートサロン「You&me」(http://youandme-sancha.com/)の代表。恵比寿の有名サロンの右腕として活躍後、独立。メンタルセラピーやボディジュエリーの資格を持ち、芸能人、著名人をはじめ多くの顧客から絶大な信頼を得ている美人セラピスト。

引用:自分でできる簡単セルフケア「爪揉み」 美人セラピストのモミモミ人生

●優木まおみがGINGER5月号で紹介していた、

↓↓妊婦敏感肌でも安心な美白ケアコスメ↓↓