「日本おリボン党」を立ち上げ、党首としてリボンの啓蒙活動をしている私ですが、本業は「美肌研究家」。お肌にハリのある若い女性であっても、これからの時期は「太陽(紫外線)にはなるべく当たらないでね」とアドバイスしています。

 ただ、必ずこのように言い添えるようにしています。「ちょっとは太陽に当たったほうがいいんだけどね」

 なぜなら、太陽に当たらないことは体によくないから。つまり、太陽を浴びる量が少なすぎると、体内のビタミンDが足りなくなって、骨が弱くなるんです。ただでさえ女性は男性よりも骨密度が低く、骨粗しょう症になりやすいのですから。

 骨がもろくなって困るのは、何もお年寄りだけではありません。美肌成分として、女性にはおなじみの存在、「コラーゲン」も関係しているのです。

 コラーゲンは、お肌だけに関係していると思われがちですが、実は骨の中でもしっかり働いているのです。カルシウムだけじゃなく、コラーゲンも骨にとって大事な存在。

 ビタミンDは紫外線を浴びることで体の中で作られますが、食品だと魚の脂肪や肝臓に含まれていて、カルシウムの吸収を助けてくれます。だから、「紫外線は徹底的に避けないほうがいい」というのが最新の考え方。なので、紫外線が強くなる季節であっても、積極的にゴルフや海へ繰り出します。ただし、浴びすぎると紫外線から肌を守ろうとして活性酸素が発生し、皮膚の細胞がダメージを受けてしまうので、顔や手足などの日焼け対策を万全にして。

 最後に、拙著『美人は薬指からつくられる』(アスコム)で発表して反響があった、紫外線の強くなる時季にためしていただきたい、とっておきの裏技美肌術をご紹介しましょう。

ポイントは

1)肌の出ている部分、顔や手足に日焼け止めをしっかり塗る

2)日焼け止めを塗っていない手のひらを、1日15~20分太陽にかざす

3)帰宅後の保湿ケアはしっかりと

 手のひらって、常に使うこともあってか、意外と角質層が厚くてじょうぶなんです。手のひらだったら、少しくらいの日焼けでは大きなダメージを受ける心配もありません。ぜひ、試してみてくださいね!

■白川みき(しらかわ・みき) 1962年生まれの53歳。名古屋市出身。20代からモデルとして活動、その後美肌研究家として活躍の場を広げ、美容についての情報をブログやWEB、雑誌などで発信している。JAMアンチエイジングアドバイザー資格を取得。見た目年齢が若くなる「愛され美肌」セミナーを開催し、20~60代の幅広い女性の支持を集めている。また、リボンやカメリアをモチーフにしたヘアアクセサリーブランドや、UVケアのためのアイテムなどをプロデュースしている。2013年4月には大人の「おリボン」ファッションを広めるため「日本おリボン党」を立ち上げ、党首を務める。初の著書となる「美人は薬指からつくられる」が好評発売中。公式ブログ(http://ameblo.jp/shirakawa-kai/)も要チェックだ。

美白用化粧水とは、肌を白くする効果のある化粧水のことです。
美白用化粧水の効果を二つに分けると、紫外線などのダメージで生じてしまった肌のくすみを取り除くことと。
これから出来ようとするくすみ成分を抑えること、というイメージもありますね。
美白用化粧水のコマーシャルを見ていると、「メラニン生成を抑える」などというフレーズをよく耳にしますね。
これがこれから出来ようとするくすみを抑える美白用化粧水の効果のことです。
美白用化粧水が必要となるくすみの主な原因は、シミやソバカスですね。
若い頃は何も気にせずに海やスポーツなどで思う存分紫外線を浴びてしまいますが、それが歳をとるにつれて肌にシミやソバカスとして出てきてしまうのです。
シミやソバカスがあることで肌はくすんで見えてしまうので、そういったシミやソバカスを薄くしてくすみを取り除いてくれるのが美白用化粧水です。

美白用化粧水の効果によってシミやソバカスがなくなることで、肌は本来の白さを取り戻すことができるのです。
他にも美白用化粧水の美白効果は色々とありそうですね。
美白用化粧水に関するサイトやブログなどで調べてみるといいでしょう。
美白用化粧水は、化粧水なので美白以外の効果も色々とあります。
美白用化粧水は肌にうるおいを与えたり肌のキメを整えたりといった効果もあります。
肌に大事なのは美白効果だけではなくうるおすことや状態を整えることも大切なので、美白用化粧水を選ぶ際にはそういったことも考慮しましょう。
美白効果がメインの美白用化粧水と保湿などの効果がある化粧水を併用するというのもいいかもしれませんね。
しかし、忙しい女性には、美白用化粧水に保湿効果もしっかり備わっている方が嬉しいですね。

美白用化粧水の効果はメーカーや商品によって大きな差があると思います。
同じ成分を使っていても、その成分の量や質などの違いで効果に差が出るのではないでしょうか。
美白用化粧水の成分は、ビタミンC誘導体や大豆イソフラボンなどと数多く存在します。
毎年、色々な成分を使った新しい美白用化粧水が続々と商品化されていますよね。
しかし、薬局や化粧品屋さんにはあまりにも多くの美白用化粧水が並びすぎており、本当に効果がある商品がどれなのか選び出すのは難しいものです。
口コミサイトのみんなの感想を参考にしてみるといいかもしれませんね。
美白用化粧水には無添加のものや天然成分を使用しているような肌に優しいものもあります。
お肌に染み込むものなのでそういった肌への負担なども美白用化粧水を選ぶ時には考えたいですね。

ケアキュレーション

コエンザイムQ10は難聴にも効果があるというのは本当なのでしょうか?
確かに、コエンザイムQ10には、加齢による難聴を予防したり、ある程度の改善効果があるとされていますが、あくまでも加齢が原因の「老人性難聴」に限ってのことです。
年をとると耳が聞こえづらくなるというのは、多くの方がご存知だと思います。
でも、難聴にはそれ以外にも様々な原因で起きる難聴があり、若い人でも難聴になる可能性がありますし、その症状や治療法も難聴の原因によって異なります。
例えば、歌手の浜崎あゆみさんが突発性難聴になったというのは有名な話ですよね。
実は、そのような難聴にはコエンザイムQ10による改善効果は望めません。
老人性難聴というのは、加齢と共に音を聞くための細胞の働きが弱まったり、死滅してしまうために起きる症状です。
そして、コエンザイムQ10には細胞を老朽化させる活性酸素を除去して、細胞の老化を防ぐという働きがあります。
ですから、老人性難聴が起きる前から摂取することによって、細胞の老化や死滅を防ぎ、老人性難聴になるのを予防することができるわけです。
ただし、一旦死滅してしまった細胞を生き返らせることはできませんから、既に老人性難聴になってしまった場合には、ある程度の改善は見られるようですが、劇的な改善は望めないでしょう。

コエンザイムQ10は、ニキビにも効果があるというのは本当なのでしょうか?
コエンザイムQ10によって、すぐにニキビの症状が改善できるというわけではありません。
でも、徐々にニキビが改善していき、ニキビができにくくなる効果があるというのは本当です。
ただし、効果があると言われているのは大人ニキビに限ります。
大人ニキビは、食生活や生活習慣、タバコやストレス、寝不足など、様々なことが原因になってできてしまうものです。
元々、コエンザイムQ10には、肌トラブルを改善する働きがあると言われています。
それだけではなく、疲労やストレスを軽減させたり、ニキビを悪化させる要因とされている活性酸素を除去してくれるのです。
これらの効果によって、ニキビができにくく、ニキビが改善しやすい体質へと体が整えられます。
さらに、活性酸素の働きを防いで細胞を活性化させることにより、肌の再生力も正常化していくため、きれいに治りやすくなるでしょう。
だからといって、生活習慣や食生活を全く改善しないのはよくありません。
それらの対策もした上でコエンザイムQ10を摂取することで、ニキビの予防・改善効果が得られるようになります。

コエンザイムQ10には、アンチエイジング効果があるというのは本当のことです。
コエンザイムQ10の特徴としては、何をおいてもまず、抗酸化作用を持つ成分ということが挙げられるでしょう。
この抗酸化作用がアンチエイジング効果をもたらすのです。
人間の体(細胞)の老化は、酸化によるものです。
一時期、かなり話題になりましたから、活性酸素という言葉を知らない方はいませんよね。
この活性酸素は、人間が生きて暮らすためには必要なものですし、生きていく上でどうしても体の中で発生してしまうものなのですが、体を老化させてしまうという側面も持っているのです。
活性酸素は体内の細菌やウイルスなど、害になるものを退治するために必要なものである反面、同時に自分の体の細胞も老化させてしまいます。
ところが、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があるため、活性酸素が細胞を老化させるのを防いでくれます。
つまり、老化防止効果(アンチエイジング効果)があるということになるわけです。